季刊高知

季刊高知52号 [2014 Spring](2014.4.1 発売)

お試し版「季刊高知」のご案内

次号(季刊高知53号)より電子書籍販売を開始します。今号は電子書籍のお試し版をご覧いただけます。 ぜひ、コチラよりご閲覧ください!

「季刊高知52号」お試し電子書籍版

特 集1
コウチの気になるお店 × 気になる男たち あおぞらのある風景。

今回の特集第1弾は、編集長自らが「会いたい」と思っていた高知のオトコたちに登場してもらった。
日曜市で、オーガニックマーケットで、食やアートの野外イベントで、自らの仕事の将来を切り拓いていく「さきがけ」のようなオトコたち。その先はどこへ向かうのか?興味はつきない。

まるふく農園

農薬も肥料も使わない。ハーブ専門農家の若者は、観賞用、食用のハーブ苗木を広げていった。

はなればなれ珈琲

珈琲は鮮度がモノをいう飲み物。珈琲の味にこだわってくれる人がいるから、街の小さな珈琲屋でもそれなりに勝負ができます。

BAR Baffone

高知市中心部に店をかまえて18年。お酒と、お酒にあう美味しい料理と摩周さんに会いたくて人が集まってくる。

SAIL atelier / swimmy

モノづくりという一つの流れのなかで、多方面に活動する山崎さん。既製品にはない味を追求していく。

特 集2
四万十自転車旅 日本で一番暑い町でみつけた景色
四万十自転車旅

特集第2弾は、昨年国内観測史上最高気温を記録した「奥四万十」と呼ばれる西土佐・江川崎でのサイクリングにスポットを当ててご紹介。

ペダルを踏む度に変わっていく四万十川沿いの景色。とびきりのフォトスポットが多く、自転車のスピードから見える景色から、お気に入りの風景と出会ってください。

ジャイアント★インタビュー
フィギュアイラストレーター デハラユキノリさん
フィギュアイラストレーター デハラユキノリさん

東京をはじめ台湾、香港、NY、LA、パリ、メルボルン、そして高知で新作を発表し続けているフィギュアイラストレーター、デハラユキノリさん。

イラスト、装丁、CM制作、監督、著書と、マルチな才能と幅広い活動で強烈な印象を残している彼は、高知がとっても好きな青年でもありました。

連載レギュラーメンバー

コピーライター:池田あけみ 
着物店主:石原文子 
デザイナー:梅原真 
教育者:大﨑博澄 
エッセイスト:大野充彦 
デザイナー:カワウチヒロシ 
漫画家:タイケヒデミ 
写真家:中島健蔵 

日本経済新聞社:原孝二 
ジャーナリスト:松岡周平 
ライター:松田雅子 
イラストレーター:三本桂子 
ショートショート作家:目代雄一 
朝日新聞社:依光隆明 
その他

52号コンテンツはこちら


2014年第一弾となる今号は、ハーブからイタリア料理、ハンドメイド職人からフィギュアイラストレーターまで、さまざまな気になるお店、オトコたちを取り上げています。
ぜひお手にとってご覧ください!

バックナンバー

季刊高知バックナンバー

季刊高知63号

季刊高知64号

[2017 Spring]

高知と演劇
特別編集長:吉田剛治

詳細を見る

季刊高知62号

季刊高知63号

[2016-2017 Winter]

特集 高知の食物語11
高知の粋な店主がつくる美食

詳細を見る

季刊高知62号

季刊高知62号

[2016 Autumn]

特集 高知の和菓子店特集 
職人の「手」が生み出す四季

詳細を見る

季刊高知61号

季刊高知61号

[2016 Summer]

特集 
泊まった、飲んだ、高知じまん宿 7
自然と地域に包まれた、なごみ宿

詳細を見る

季刊高知60号

季刊高知60号

[2016 Spring]

特集 
手でつくるシアワセの味、逸品

詳細を見る

季刊高知59号

季刊高知59号

[2015-2016 Winter]

特集
高知の食物語10 
地域と食材に愛される名店たち

詳細を見る

季刊高知58号

季刊高知58号

[2015 Autumn]

特集
ここを愛して、育てる
ライフ×コウチ

詳細を見る

季刊高知57号

季刊高知57号

[2015 Summer]

特集
高知の自慢宿6
自然の中に浸る癒しの時間。

詳細を見る

季刊高知56号

季刊高知56号

[2015 Spring]

特集
高知の食文化を醸造する
土佐酒Land

詳細を見る

季刊高知55号

季刊高知55号

[2015 Winter]

特集
高知食物語9 
食材にこだわる店主たち

詳細を見る

季刊高知54号

季刊高知54号

[2014 Autumn]

特集
季刊高知流✕オトナの修学旅行

詳細を見る

Page Top