季刊高知

季刊高知61号 [2016 Summer](2016.6.25 発売)

「季刊高知」61号のご案内

高知県内の各書店、コンビニエンストア等でお買い求めいただけます。

また、電子書籍版が雑誌オンラインにて発売いたしております。雑誌オンラインで会員登録を一度行うことで購入することができます。お試し読み(冒頭数ページ分)は会員登録なしでも可能です。

スマートフォンやタブレットをお持ちの方は、雑誌オンラインのアプリをインストールすることで、いつでもどこでも読む事が可能に。

ぜひ電子書籍版「季刊高知」もよろしくお願いします。

特 集
泊まった、飲んだ、高知じまん宿7 自然と地域に包まれた、なごみ宿
第一話
中津渓谷ゆの森(仁淀川町)

時間を忘れて過ごせる宿で、特別なひとときをどうぞ。レストランの窓から見える鳥の巣箱。そこにストーリーが凝縮されています。

第二話
高知ユースホステル酒の国共和国(高知市)

国内外の旅行者が集い、地酒を楽しめる日本酒をテーマにしたユースホステル。ここは高知でありながら、世界とつながる場所です。

第三話
ホテル 星羅四万十(四万十市)

「昨日のベストが、明日のベターとは限らない。常に進化を続けていくホテルでありたい。」支配人の言葉に、宿の良さが見えてきます。

第四話
蔵空間 茶館 遍路宿(室戸市)

120年以上の建物や蔵が持つ見えない空気感、醸し出す雰囲気。ここにカフェがあり、遍路宿があり、地域のキーワードが商品として生まれています。

第五話
農家食堂・民宿 NOKO(三原村)

三原米がつくりあげる稲穂の風景、満天の星空、米の風味が伝わるどぶろく、人との出会い。それらが贅沢に味わえる農家民宿です。

 
ジャイアント★インタビュー
社会活動家/法政大学現代福祉学部教授 湯浅 誠さん

今、6人に1人が貧困層という日本。湯浅さんは、特に子どもの貧困率の上昇を指摘し、「あなたの県や市町村はどうですか?」と問い、「知るために行動をしましょう」と、講演で呼びかけました。「反貧困」をスローガンにしている湯浅さんのインタビューを、じっくりとお読みください。

連載レギュラーメンバー

着物店主:石原文子
デザイナー:梅原真
教育者:大﨑博澄
エッセイスト:大野充彦
デザイナー:カワウチヒロシ
漫画家:タイケヒデミ
フィギュア・イラストレーター:デハラユキノリ
その他

写真家:中島健藏
日本経済新聞社:原孝二
ジャーナリスト:松岡周平
ライター:松田雅子
イラストレーター:三本桂子
ショートショート作家:目代雄一
朝日新聞社:依光隆明

61号コンテンツはこちら

バックナンバー

季刊高知バックナンバー

季刊高知65号

季刊高知65号

[2017 Ssummer]

高知じまん宿8
心が和む、自然と癒しの宿

詳細を見る

季刊高知63号

季刊高知64号

[2017 Spring]

高知と演劇
特別編集長:吉田剛治

詳細を見る

季刊高知62号

季刊高知63号

[2016-2017 Winter]

特集 高知の食物語11
高知の粋な店主がつくる美食

詳細を見る

季刊高知62号

季刊高知62号

[2016 Autumn]

特集 高知の和菓子店特集 
職人の「手」が生み出す四季

詳細を見る

季刊高知61号

季刊高知61号

[2016 Summer]

特集 
泊まった、飲んだ、高知じまん宿 7
自然と地域に包まれた、なごみ宿

詳細を見る

季刊高知60号

季刊高知60号

[2016 Spring]

特集 
手でつくるシアワセの味、逸品

詳細を見る

季刊高知59号

季刊高知59号

[2015-2016 Winter]

特集
高知の食物語10 
地域と食材に愛される名店たち

詳細を見る

季刊高知58号

季刊高知58号

[2015 Autumn]

特集
ここを愛して、育てる
ライフ×コウチ

詳細を見る

季刊高知57号

季刊高知57号

[2015 Summer]

特集
高知の自慢宿6
自然の中に浸る癒しの時間。

詳細を見る

季刊高知56号

季刊高知56号

[2015 Spring]

特集
高知の食文化を醸造する
土佐酒Land

詳細を見る

季刊高知55号

季刊高知55号

[2015 Winter]

特集
高知食物語9 
食材にこだわる店主たち

詳細を見る

季刊高知54号

季刊高知54号

[2014 Autumn]

特集
季刊高知流✕オトナの修学旅行

詳細を見る

Page Top